特に大事な家事動線について

家事動線とは何か

家に住んで欠かせないのは「家事」であることは明確ですし、家事は手間と時間がかかります。
そんな家事を少しでも楽に、短い時間でこなす為には、家具や料理道具にお金を掛けるだけでなく、その動き方も工夫しなければなりません。
たとえば、洗濯を例にして挙げてみましょうか。
衣服を洗濯機に入れて、洗剤を入れ…洗剤が切れていたので倉庫に行って洗剤を補充し、洗濯機を回し、脱水が終わったら洗濯物を洗濯機から出し、ベランダやバルコニー、家の裏などへ運び、干して、乾いたら運んで畳んで…と、たくさん動きますね。
しかし前提として、その家が家事を妨げない動きができるように設計されていたら、ストレスを抑えて家事ができますね。
それを実現するための動線が「家事動線」というわけです。

間取りとの関係性

一番簡単な「家事動線」の作り方とは何でしょうか?
答えは簡単です。
「直線」です。
ひたすら前後の動きだけすれば、余計な道にそれずに全てができます。
しかしそんな動線を実現したら、ひたすら横長の家が出来上がってしまいます。
それは非現実的ですよね。
それに家では家事だけをするわけではありません。
食事もしますし、くつろぎもします。
もちろん床に就いて寝ますし、人によっては自宅で仕事をする場合もあります。
様々な要素を踏まえて間取りを考える必要があるわけです。
簡単にポイントを挙げると、「洗濯物を回収するポイント(洗面室・浴室・トイレ等)をできるだけ近くに集める」「キッチンでは電化製品の配置=コンセントの位置と数をよく検討の上決定し、スムーズな調理を実現させる」「モノをしまう場所を各部屋に確保して、掃除の手間を省く」といったところですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る